ネイルスカルプチャーとは付け爪の一種

ネイルスカルプチャーとは付け爪の一種

ネイルスカルプチャーにはその素材によって大きく2種類に分けられます。

スポンサードリンク

ネイルスカルプチャーは綺麗だし自然だし丈夫だし、いいことばかりのように書いてきましたが、欠点も挙げておきますね。まず、ネイルスカルプチャーをネイルサロンで作るのに費用と時間がかかります。アクリル重合反応のにおいがまたきついです。

ネイルスカルプチャーとはアクリルやジェルと言った成型可能なケミカル素材で、自分の爪の上に直接付け爪を作り出すことを言います。ネイルスカルプ、ときには単にスカルプ、と省略したりもしますね。
ネイルスカルプチャーにはおおまかには2種類あります。アクリル重合によって硬くて長いつめが作れるアクリルスカルプチャーと、ジェルを塗ってから紫外線で固めるジェルスカルプチャーがあります。ジェルの中には新しい素材でカルジェルというのもありますが、これもジェルの一部ですね。
そのように作成されるネイルスカルプチャーは、両面テープで貼り付けるネイルチップと異なり、自分の爪の上で直接着け爪を形成することになりますので、簡単に取り外し可能なつけ爪ではありません。
ネイルスカルプチャーは市販のネイルチップに比べて持続性があり、美しい爪が作れること、そしてそれが自然な感じがしてフォームが綺麗に見えるので人気があります。
ネイルスカルプチャーがあなた個人の爪に合わせて付け爪を造型するのに対して、大量生産でプラスチック製のネイルチップはどうしても幅やフォームが合わなかったりします。
個性的な手をしている方、小柄な方、爪の形が一般的ではない方(個性ですから悪いことではないですよ)、そういう方にはアクリルやジェルで自在なフォームが作れるネイルスカルプチャーの選択をお勧めします。
ネイルスカルプチャーの欠点は、値段が高いこと、作るのに時間がかかること、作る人の腕次第で出来栄えがずいぶん変わること、ネイルスカルプチャーと地爪のずれが出てくるのでまめな手入れが必要なこと、などです。
ネイルスカルプチャーの費用を少しでも抑えようと思えば、自宅でできるネイルスカルプチャーキットもありますし、趣味として楽しいかもしれませんが、それも初期費用はかかりますし、ともかく慣れるまではネイルサロンでやってもらう必要があります。
ネイルスカルプチャーはまめにケアしないと伸びてきた地爪との隙間にカビが生えることがあります。スカルプをとるには溶かすしかないので、地肌や地爪も傷めます。
ネイルスカルプチャーの中では、ジェルネイルは爪に張ったフォームの上にジェルを塗り、これをUVで固めるものです。紫外線(UV)を当てるまでは硬くならないので、ゆっくりスカルプを作ることができます。逆にネイリストの腕が、うまい下手がはっきり出るネイルスカルプチャーですけど。
ネイルスカルプチャーの流行に関して言えば、大半のネイルサロンで行っているネイルスカルプチャーの技法は「アクリルネイル」です。 ネイル専用のアクリルパウダーとアクリルリキッドを結合させたもので爪の長さを足して造型していきます。ちょっと重合反応が臭いのが難点です。
<% content.header -%>

ここに紹介文のタイトルを入れる

<% content.blog_desc.text | nl2br | __or__ | blog.description | nl2br %>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。